フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

« 2006年4月 | トップページ | 2007年3月 »

男社会

私の勤めている会社で、上海駐在の日本人女性は私だけみたいだ。
上海工場、営業所、駐在員は私以外全員男性。
取引先の駐在員日本人もほとんど男性のよう。
駐在員女性もいるんだと思うけれど、まだお会いしたことがない。

最初は、やりにくいかと思った。

会社の飲み会などで同じ会社の駐在員の皆さんと何度かお酒を飲む機会があって気づいたこと。

男性社会と女性社会の決定的な違い。

それは、「会話の内容」だ。

だいたい一般的に、女性同士の会話はその内容に「共感」を求める。

例えば、
Aさん「金城武ってかっこいいよね~」
Bさん「そうね~アンディ・ラウもっかっこいいけどね~」
Aさん「そっか~やっぱり香港の男は優しいからいいよね~」
Bさん「そうだよね~」

と言った感じ。

それとは正反対なのが、男性の会話だ。彼らはその内容に、「結論」を求める。その中で、時に「意見のせめぎ合い」が起こる。
例えばこんな内容。
Aくん「営業の仕事の基本は人間関係だ!極端な話、一緒に酒を飲んで仲良くなれば注文がとれたりもする!」
Bくん「それは違うやろ~無口でも愛想なしでも的確な商品を提案できる奴が注文とれるんだよ。」
Aくん「それは前提として人間関係なんだよ・・・ウンヌン」



と言った感じ。
どちらがどうというわけでもなく、ただ、とにかく違う。

その内容の違いは、仕事場においても顕著に現れる。

どちらかといえば、男性同士での会話の内容のほうが、会社と言う組織の中では向いていると言える。

なぜなら、会社の最大の目的「利益を上げる」という目的のために人それぞれ、意見を出し合わなければならないからだ。
その意見に対して「賛成」か「反対」かのどちらかで、「共感」はいらない。

利益を上げるという目的の為なら、極端な話、ケンカをしても構わない。

私はそんな男社会で生きていくためには、「感覚のシフト」を身に着けなければならないと感じる。

日本人と話すときは日本語で話し、中国人と話すときは中国語で話すように、男社会で仕事をするときは、別に何も気を張る必要はなく、ただ「感覚」を替えなければならないと思う。日本人もほとんど男性のよう。
駐在員女性もいるんだと思うけれど、まだお会いしたことがない。

最初は、やりにくいかと思った。

会社の飲み会などで同じ会社の駐在員の皆さんと何度かお酒を飲む機会があって気づいたこと。

男性社会と女性社会の決定的な違い。

それは、「会話の内容」だ。

だいたい一般的に、女性同士の会話はその内容に「共感」を求める。

例えば、
Aさん「金城武ってかっこいいよね~」
Bさん「そうね~アンディ・ラウもっかっこいいけどね~」
Aさん「そっか~やっぱり香港の男は優しいからいいよね~」
Bさん「そうだよね~」

と言った感じ。

それとは正反対なのが、男性の会話だ。彼らはその内容に、「結論」を求める。その中で、時に「意見のせめぎ合い」が起こる。
例えばこんな内容。
Aくん「営業の仕事の基本は人間関係だ!極端な話、一緒に酒を飲んで仲良くなれば注文がとれたりもする!」
Bくん「それは違うやろ~無口でも愛想なしでも的確な商品を提案できる奴が注文とれるんだよ。」
Aくん「それは前提として人間関係なんだよ・・・ウンヌン」



と言った感じ。
どちらがどうというわけでもなく、ただ、とにかく違う。

その内容の違いは、仕事場においても顕著に現れる。

どちらかといえば、男性同士での会話の内容のほうが、会社と言う組織の中では向いていると言える。

なぜなら、会社の最大の目的「利益を上げる」という目的のために人それぞれ、意見を出し合わなければならないからだ。
その意見に対して「賛成」か「反対」かのどちらかで、「共感」はいらない。

利益を上げるという目的の為なら、極端な話、ケンカをしても構わない。

私はそんな男社会で生きていくためには、「感覚のシフト」を身に着けなければならないと感じる。

日本人と話すときは日本語で話し、中国人と話すときは中国語で話すように、男社会で仕事をするときは、別に何も気を張る必要はなく、ただ「感覚」を替えなければならないと思う。


シゴトモード│
仕事高速化働く女の情報源
男社会職場のいじめ格差社会セクハラ雑談の技術
ビジネスシーン持ち物服装
仕事術123
営業の基本12
 

« 2006年4月 | トップページ | 2007年3月 »