フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

« ケチに見えない節約術 | トップページ | 都合の「いい人」は損 »

不動産投資とは切っても切れない融資

「融資」

最近この言葉がとっても気になる。

なぜかといえば、OLをしながら小さいながらも不動産投資をしている私としては、この融資が下りないとダイナミックな投資ができないからだ。

今のような数100万円単位のワンルームのような物件であれば現金取引できるので、融資なんて関係ないが、「1棟」になると話は別だ。
たとえば5,000万円の1棟物件を現金で買おうと思ったら定年まで働いても「買えるのか?」という話。
そこで融資を使えば、少ない自己資金と銀行からの融資で5,000万円の物件を手に入れて、家賃収入で借金を返していくというからくり。

しかしそこに至るまでは厳しい道のりがある。

融資が下りるためには大きく分けて2つの判断基準があるという。

1つ目は、「投資家自身の属性」
2つ目は、「物件の属性」

しかしながら1つ目の「投資家自身の属性」が結構重要らしい。

具体的には・・・

1.満20歳以上60歳未満 79歳完済
2.年収500万円以上
3.公務員、上場企業またはそれに準ずる企業に勤めていること
4.勤続年数3年以上がGOOD
5.団体信用生命保険に加入可能
6.借入倍率が年収の5~6倍
7.返済比率35%以内

私は1と4と5と6しかヒットしない。
年収なんて500万なんて今のままでは到底無理。
勤めているのは社員数15名未満の小さな有限会社。
勤続年数は割と居心地のいい会社なので間もなく丸3年在籍しているが、年収面では金融機関には全く相手にされないだろう。

・・・・・・・・。

・・・・・ってここであきらめたら箸にも棒にも引っ掛かりまへんでという話やな!!!

大事なのは「この状況をいかに乗り越えるか」ということですね!!!
私と同じうような境遇にある方、何としてでも融資が通るようにあらゆる手を尽くしましょう!!!
鬼のような節約もわずらわしい確定申告も不動産に関する勉強も怠らず・・・・

できるまでやりましょう!!




« ケチに見えない節約術 | トップページ | 都合の「いい人」は損 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55441/38510734

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産投資とは切っても切れない融資:

« ケチに見えない節約術 | トップページ | 都合の「いい人」は損 »