フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

« 母の日 | トップページ | 3回目のFP2級… »

本田健さんの読者の集いに参加しました★

どうも!ハタラク オンナ ノ ブログ(働く女のブログ)管理人のmimiです!

先日、本田健さんの読者の集いに参加しました。

本田健さんは、「ユダヤ人大富豪の教え」や「スイス人銀行家の教え」などを書かれている作家&実業家の方です。

この方の本は、いろいろ気づかされることが多いので、ぜひ参加したいと楽しみにしておりました。
当日、会場に行ってみると、180人収容の部屋が満席でした。
参加者の顔ぶれは、まさに老若男女と言った感じで、熱血サラリーマン風の人もいれば、OLさんぽい人もいたり、学生さんっぽい男の子もいたり、夫婦で参加している人もいたり、いろんな人種の人がいましたw

本田健さんはあまりメディアに露出されない方なので、実物を見てイメージと違ってかなりびっくりしました。

勝手なイメージですが、痩せている初老のおじいさんかなと思っていました。
とりあえず、そんな感じではないです。
気になる方は読者の集いに参加してみてください。

そして…やはり、「気づき」がありました。

読者の集いは、皆さん挙手して本田健さんに質問形式で進めていくんですが、その中で一人、就職活動中の22歳大学生という男の子が本田さんに質問していました。

その内容はずばり、「感情の感じ方を教えてほしい」というものでした。

ぱっと見た感じ明るい感じの元気のいい男の子という感じだったのですが、普段感情を揺さぶられるくらい感動することがないというのです。

ワタシが感じた印象では、表面的には元気な仮面をかぶっているけれど、実際は心を閉ざしている、心のシャッターを閉ざしているといった感じです。

そしてやっぱり、本田健さんは見抜いていました。男の子にこんな感じの質問を返したんです。

本田さん:「きみいま彼女はいるの?」

大学生:「いえ、もう2年くらいいません。」

本田さん:「その時の恋愛って辛かったんじゃない?いくら追いかけても彼女とすれ違い
で、振り向いてくれなくて辛くて。もう恋愛はしばらくいいという感じになったんじゃない?」

大学生:「はい、しばらく恋愛はもういいかと。女性に対して恋愛感情とかわかないです。」

本田さん:「それは素敵な女性がいても見ないようにしているんだよ。シャッター締めちゃってるんだよ。」

みたいな感じで会話が進められていたんですが、
次の言葉にワタシ、ハッとさせらせてしまいました。

本田さん:「(傷つきたくないから)恋愛のシャッターを閉めたら、その他のワクワクする、感動する、愛しいと思う感情のシャッターも全部しまっちゃったんだよね。」

その一言…

ワタシの頭の中のつじつまの合わないものが、その言葉で全部答えが出た感じがしました。

その大学生と今のワタシは、本質的な所ではたぶん一緒の状態なんです。

っていうか、この世の中、心のシャッターを閉ざして明るい性格の仮面や美しい容姿の仮面をかぶって生きている人ってすごく多いと思う。

幼いころからの記憶をたどると、以下のようなことが心のシャッターを閉ざすきっかけになっているのかな。
両親や学校の先生に認めてもらえない、わがままを言ったら叱られる、好きなことを否定される、友達からいじめられる、仲間外れにされる
彼氏や彼女とすれ違ってしまう、傷つく行動をされてしまう
その他諸々、
自分の事を認めてもらえない、傷ついてしまう、辛い、嫌だなと感じる。
そんな事実から、目を背けたくなる。
そんな事実はもう、見ないようにする。

例えば恋愛ですごく傷ついて、こんなに辛いんであれば、こんなに傷つけられるくらいなら、もう一生恋愛なんてしないと心に誓って、恋愛のシャッターだけ閉めたつもりが、
本当に本当に不幸なことに、感動する気持ちや、愛しいと思う気持ちのシャッターまでしまってしまうんですよね。

結局、それって弱虫なんですよね。
否定されるのが怖いから、感情のシャッターを閉めて、元気な姿や振る舞いの鎧を着る。

やっぱり、感動して幸せを感じる日々を送るためには、否定的な感情にもしっかり向き合って、愛する事を恐れない強さって大事だと思いました。

自分のビジネスでも、日常生活でも、この心構えを絶対に忘れないと心に誓いました。
ワタシ、絶対強くなりたい。

大きな愛を発信できる人になりたい!

« 母の日 | トップページ | 3回目のFP2級… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55441/51802635

この記事へのトラックバック一覧です: 本田健さんの読者の集いに参加しました★:

« 母の日 | トップページ | 3回目のFP2級… »