フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

« 物件を賃貸に出すときやることリスト:区分マンション編 | トップページ | 不動産経営チームを構築するために用意しておきたいツール »

不良入居者の対応

大家さんにとって、とっても頭の痛い問題のひとつに、「不良入居者への対応」があるかと思います。

わたしも、何度か経験があります。
所有していた自主管理の住居で、家賃回収の際に、高齢の生活保護の入居者から「泥棒に入られた。大家(わたしのこと)が鍵を泥棒に渡したんだろう」という因縁をつけられ、当然わたしには身に覚えがないので困り果てた、という事がありました。
「やっていない」などとこちらが訴えても聞く耳を持ってくれず、埒が明かないので、とっととその場を立ち去りその場をしのいでいましたが、家賃回収は毎月のことなので、本当に毎月の家賃回収が苦痛で苦痛で仕方ない時期がありました。
やはり、最善の方法は、
「第三者(業者など)に介入してもらう」
という事だと思います。
なぜかというと、入居者と大家が直接的にやり取りをすると、どうしても利害関係の影響があり、何か問題があったときに冷静な判断ができないかもしれません。それこそ、「賠償してっ」とか、「家賃下げてっ」とか言われたり…。
しかし、意識的に第三者に介入してもらうことで、問題があったときに比較的冷静な判断ができるようになると思います。
もちろん、不良入居者を入れないように、入居の際に事前審査をする事は重要だと思います。しかし、残念ながら物件購入時点で入居者が入っていて、それがDQNな入居者だった場合は、後付けでベターな対応策を考える必要があります。
日本の民法では双方が了解すれば違法行為をのぞいてどんな内容の契約でも成立するはずなので、大家さん自身が「入居者」「業者」「大家」の3者のやり取りのルールを決めて契約書を作成し、業者または入居者、もしくはそのどちらもに対して、その契約書に署名捺印してもらうぐらいの姿勢で行かないと生き残れないとさえ思います(大家業は受け身じゃダメです!ダメ!ダメ!)。
問題物件周辺の不動産屋さんに管理だけお願いするとか、事情を理解して対応してくれる業者さんはきっとあるので、もし、現時点で問題をお持ちの大家さんは、解決内容をある程度ご自身で決めて、相談に行ってみてはいかがでしょうか!?

« 物件を賃貸に出すときやることリスト:区分マンション編 | トップページ | 不動産経営チームを構築するために用意しておきたいツール »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55441/58417179

この記事へのトラックバック一覧です: 不良入居者の対応:

« 物件を賃貸に出すときやることリスト:区分マンション編 | トップページ | 不動産経営チームを構築するために用意しておきたいツール »