フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

« 2016年4月 | トップページ | 2016年9月 »

マイホーム(自宅)不動産を高値で売却するには:その1

住宅ローンを組んでマイホームを取得した方々は、大なり小なり以下のような不安が頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。

不安1:「マイホームを今売ったら一体いくらになるのだろう?」
不安2:「住宅ローンを20年後も問題なく払えているか不安がある」
不安3:「実はすでに毎月の住宅ローン返済が厳しい状態」
不安4:「住宅ローンを払えなくなったら、一体どうなるのだろう?」
不安5:「家を売りに出した場合、我が家は買い手がつくのだろうか?」

不安1:「マイホームを今売ったら一体いくらになるのだろう?」
新築で建てた家は、人が住んだ瞬間に価値が数百万円目減りすると言います。
極端な話、新築で建てた家を入居した次の日に売っても買値では売る事は出来ないとまでいう人もいます。

しかし、不動産の値段は買い手と売り手の合意があれば値段はいくらでも成立します。

高値で売りたければ、不動産会社に売買仲介の依頼をし、3ヶ月から1年くらいの時間をかけて買い手を探す事になります。

よっぽど市場価値とずれていなければ、1年あればさすがにどんな不動産でも売れる事が多いと言われています。

多少損をしても早く売りたければ、不動産会社の不動産買取サービスを利用するという手もありますが、買取価格はもちろん市場価値の6〜7割程度になってしまいます。

また、この買取サービスも不動産会社によって額が違ってくる事もあります。

大手不動産会社が持ち主から買取したA市の不動産を、エンドユーザーではなくA市の地域密着型不動産会社に売却するという話も結構あるようです。

この場合、当然持ち主はA市の地域密着型不動産会社と取引した方が、買取であっても、もう少し高値で売却できた可能性もあります。

買取サービスを検討している人には、買取オークションがオススメです。

「ひとまず自宅売却で資金調達をしたい!でも愛着のある今の家に済み続けたい!」という人は、不動産を業者に売却しても、自宅に済み続ける(但し家賃を払う必要あり)ことができるとリースバックサービスを利用するのもひとつの手です。
住みながら自宅を売却できる【ハウスドゥ】

買取ではなく仲介依頼を考えている場合、
不動産会社の営業力は仲介依頼をどこに頼むかを選択する際に重要なポイントになります。

*営業力を見るポイント
1、インターネット広告に力を入れているか?
2、チラシにも力を入れているか?

この2つは大変重要です。

インターネットに力を入れていれば、このスマホが普及している時代、当然に人の目に止まります。
チラシを頻繁に撒いていれば、インターネットをしない年配の方などの目にも止まります。

不動産会社によってはこれらの営業活動をほとんどせず、
レインズに物件情報を掲載して他の業者が客付けしてくれるのを待っているだけ(!)みたいな所もあるようなので、こういった業者に仲介を頼むと売却までに必要以上の時間がかかることになります。

仲介依頼を考えている場合、不動産売却エージェントで複数の業者に一括無料査定することをオススメします。

1分程度で済む簡単な入力内容と要望(ご近所に売却を知られたくないとか、早く売却したいとか)を入れれば最大6社に不動産の査定を依頼することができます。

依頼する不動産会社も選択する事ができるので、自分の不動産情報が不特定多数の会社に出回るということもなく安心です。

査定依頼後、必ず不動産会社から連絡がありますので、その中から営業力の強そうな会社を選び、高値で自宅を売却しましょう!

« 2016年4月 | トップページ | 2016年9月 »