フォト
無料ブログはココログ

おすすめスポット

  • HITPARADECLUB
    ヒッパレー♪ヒッパレー♪ 昔、大分は別府に住んでいたときに良く通っていたヒットパレードクラブ♪70年代の オールバックのヒットパレーダーズすごくいい感じです。 とりあえず、別府に行ったらHITPARADECLUBはめちゃめちゃ押しです(^^)

Twitter

  • Follow大歓迎★

貯金術

夫婦別会計は離婚しやすい?!

共働き夫婦が家計管理をどうしているかって、なかなか人に聞く機会少ないかもしれません。

私はお金について聞く事を厭わない方なので、結構ばんばん聞いちゃいます。
そんな中で、意外と多いのが、「うちは夫婦別会計」っていう人たちです。
夫婦別会計とは、
「月々に必要な家計を夫婦で一定の割合ずつ出し合ってやりくりする」とか
「光熱費・家賃は夫が負担、食費・その他雑費は妻が負担」
という感じで家計に当てる費用以外のお金はそれぞれで自由に使えるといった方法です。
一見平等でお互い自由に使えるお金もあっていい感じじゃない?と思うかもしれません。
しかし私は、夫婦別会計と聞く度に、それってギスギスしない?!しかもお金貯まらなくない?と思うのです。
ちなみに、うちら夫婦は共働きですが完全に財布は同じです。
夫婦別会計の決定的な問題点は、2点あります。
問題点1  お互いの収入と支出を詳細に把握できないので不公平感や不信感がでてくる
家計を夫婦で一定ずつ負担し合えば、後はお互いそれぞれのお金を使い放題という状況は、お互いの収入も支出も把握できません。
この状況は少しずつですがじわじわと不公平感や不信感といった感情を生み出します。
実はボーナスが出ているんじゃないか、副業をしていて実はもっと収入があるんじゃないか、現在の家計負担率は本当に公平なのだろうか?等々、こういった不透明な点はお互い(最初はとても小さなものかも知れませんが)にとって不信感を生み出す種になります。
問題点2   貯蓄できない
家計以外のお金をそれぞれで管理していたら、それぞれのお金はあくまでも夫のお金、妻のお金というふうになり、いつまでたっても夫婦の貯金ができません。
それは結構問題で、例えば老後において蓋を開けたら、現役世代の夫は超浪費家で実は貯金ゼロ、妻が倹約家で貯金がたくさんあるといった状態であると夫は妻に頼らざるを得なくなります。そして妻は夫に不満を感じますよね。
しかもお互いが実は浪費家だったらどちらもお互いを頼れなくなります。
そういった問題を全て解消するのが、「夫婦同会計(夫婦の財布は同じ)」です。
でもその方法にはちょっとした仕組みが必要です。この方法を使えば、
・夫婦の収入や支出を1円単位で把握できる。
・不公平感がなくなり、夫婦円満になる
・ダブルインカムで豪速球で貯蓄できる(実際、私たち夫婦の月収は60万円〜120万円で、全く節約にストレスを感じる状態でなくとも月に最低20万円は貯蓄しています)
夫婦同財布の家計管理について書かれた書籍が
現状の家計管理に不満がある、これから家計管理をどうしていくか考えているという人は是非どうぞ !

その他のカテゴリー